まききこりの備忘録

アラサーの戯言と体験談の雑記

【僕の人生には事件が起きない】ハライチ岩井さんのエッセイには日常が楽しくなるヒントが詰まっている

f:id:kicorimaki:20191119222553j:plain

※敬称略でお届け。

※若干ネタバレあり。

どうも!きこり(@kicori8)です。

書評って程ではないので、今回は読書感想を書いて行きます。

 

お笑いコンビ ハライチの岩井勇気「僕の人生には事件が起きない」略して「のがない」の感想です。

 

9/26に新潮社より発売され、大反響で11/20現在で七刷り、電子書籍でも購入出来るようになりました。

購入した時点で五刷でしたが、すでに追加で二刷されていました!

 

 

発売日当日に1人旅だったので、帰国後に店頭回っても、通販でも先日付になるため買えず、諦めて他の本読んでいた所で近場の書店で見つけて購入しました!

 

ハライチの漫才はもちろん大好きで、TBSラジオで毎週木曜 24:00~25:00放送しているハライチのターンのリスナー(岩井さん曰くリスナー名はターンくん)としては、読んで大正解でした!

 

ラジオリスナーで漫才と出演バラエティを常にチェックしている僕の個人的な感想を書いて行きます!

 

 

僕の人生には事件が起きない内容紹介

日常に潜む違和感に芸人が狂気の牙をむく、
ハライチ岩井の初エッセイ集!

段ボール箱をカッターで一心不乱に切り刻んだかと思えば、
組み立て式の棚は完成できぬまま放置。
食べログ」低評価店の惨状に驚愕しつつ、
歯医者の予約はことごとく忘れ、
野球場で予想外のアクシデントに遭遇する……
事件が起きないはずの「ありふれた人生」に何かが起こる、
人気エッセイがついに刊行! 自筆イラストも満載。

「BOOK」データベースより引用

 

僕の人生には事件が起きないは、本書の説明の「はじめに」、一話完結型の25タイトル日常のエッセイ、本書の締め「おわり」合計27タイトルになります。

 

自筆のイラストがいい味出している

本編の内容に触れる前にご紹介です。

本編内容に沿った自筆のイラストがタイトルの下に挿画されています。

高校の選択科目で油絵を専攻していた為、絵が上手くていい味出しています。

本編25タイトル中、澤部と僕を除く24タイトル分のイラストがあります。

相方澤部を自筆イラスト少し見たかったです。笑

 

「はじめに」から尖った岩井勇気が鎮座している

読み始めて、2ページで腐り芸人として名を馳せた岩井らしさ溢れています。

  • 新潮社の小説新潮でエッセイを書かないかと依頼を貰った時の反応
  • 打ち合わせに来た新潮社の編集担当女性への感情

岩井の「出た」から始まる独自の考えが、的確で「確かに」と納得するし、思い当たる節が出ると思います。笑

 

読む前にどんな文章を書くか想像していましたが、文章でも変わらず尖ったまま岩井勇気として鎮座しています。

 

ラジオと本それぞれの違った魅力

ハライチのターンのトークゾーンでは、岩井の笑い声や相方 澤部の相槌でラジオの明るい雰囲気も一緒に楽しめますが、文章だと当然その二点がないため、同じ内容でも違う楽しみ方が出来るのが魅力です!

 

ターンくんの中でも人気だと思っているのが「あんかけラーメンの汁」の話です。

 

インスタントのあんかけラーメンの汁にはまって、様々なシチュエーションで飲むという話なんですが、この話は本当にクレイジー行為の話なんです。

 

同じ話でも、ラジオで聴くのと文章で読むのが、印象が全く違います。

シュールで狂気溢れています。ラジオ聴いた方も聴いていない人も是非読む際は、このお話注目してほしいです! 

澤部と僕

本編最後のタイトルです。

岩井が幼馴染で相方の澤部を徹底的に分析しています。

 

これがまた素晴らしいです。辛辣な部分も交えつつ、冷静な分析と独特な表現。

澤部のバックボーンを知れて、今まで持っていた澤部に対してぼんやり持っていたイメージが固まりました。

 

そして岩井の現在の独創性が仕上がるルーツが澤部にある事も語っています。

コンビ愛などの言葉で片付けられないような、信頼関係を感じるお話でした。

 

おわりに

母親と地元のスーパーに行った際のエピソードから始まり、母親がスーパーの前に止まる屋台を指差して

「見て。あの店ね、明石焼きを卵たこ焼きとか言って売ってるのよ。明石焼きって言ったらわからないから」 と僕に言った。

 

まさに「母親」を感じるエピソードである。

しかしこれに岩井は大笑いして、母親もつられて一緒に笑った。

そう、タイトル通りこのエッセイは事件が起きないのである。

 

毒にも薬にもならないどうでもいいことが笑えたりする。

それが少し視点を変えるだけで全部違うように見えたりもする。

 

さらに一部引用します。

視点の変えるだけで、日常が刺激的になると感じました。

いかに工夫して人生を楽しむか。これに尽きると思います。

 

最後の文章に総括が書かれていますが、これも是非読んで頂きたいです!

まとめ

以上が「僕の人生には事件が起きない」の感想になりました。

 

今後も人生がつまらなくなったら1タイトルでも読んで、視野を広げていきたいと思います!

 

11/21時点の最新のインタビュー記事も面白かったです!ハライチ岩井勇気が提案する「事件が起きない毎日」を楽しく過ごす方法 | ViVi

 

人生に物足りなさを感じている人には、是非おすすめしたい一冊です

 

 

それでは今回はここまで。マタアイマショウ。